耳に入っちまったもんで…。

聞きたいと思ったわけでもないし、聞こうと思ったわけでもないのに、近くの誰かの会話や一言が、なんの前触れもなく"スコン"と耳に飛び込んできてしまう時がある。

もちろん、あたしに話しかけてるわけではないし、全く関係ないのだけど。

そんな、不意討ちを食らうと、気になって仕方なくなったり、笑いたくて仕方なくなったりしてしまう…。

だけど、そう言うときに限って、ひとりだったりするから、困ってしまう。




昨日もあった。
帰りがけに、ちょっと寄った店
品定め中に…



『だったらおまえがやってミソ!やってみミソ!って話だよッ!』


どうやらバックヤードらしき所からの店員さんの会話。それはそれはご立腹な様子。


静かにしてミソーーー!
何買おうとしたか忘れちまったじゃないか(笑)






こんなのもあったなぁ。




駅まで歩いていた時のこと。

背後から

『ごめんご~』と低く太いオバチャンの声。
『ごめんごぉ~。ごめんごね~。』


おほ。

ごめんごって(笑)




自転車に乗っていた。
狭い道。前には二人連れのオバチャン。

特に急いではいなかったけど、追い越そうと、少しスピードを上げた時…



『ママレモンが一番!』



ママレモン…。
最近見かけないな(笑)




バスに乗っていた。
時間潰しに本を読んでいた…


『キンカクシがどーした? だからキンカクシが何だってんだよ?』

『キンカクシなんて言ってねーだろ。マツノキだよ!』


もう、本の内容なんて一切入ってこない。
結構なお歳を召したおじいちゃん二人組。


破壊力満点!





山手線の車内。


『ねぇ。トクさんとトメさんどっちが好き?』


一瞬、話しかけられたかと思った(笑)





近所の八百屋にて。


常連とおぼしきオバチャンと店主。

オ『だから時代はもうスマホなのよ~。』
店『iPhoneとかでしょ?』
オ『違う違う~。ケータイじゃなくてスマホ!ス~マ~ホッ!ケータイはもう古いのよ~』


勉強になりました(笑)




ステーキ屋さんにて。


『ギッチリ焼いて!』


焼き加減は『ギッチリ』(笑)
こう言うの嫌いじゃない(笑)




電車の中で。


姉『……お皿があって…』
妹『じーじ!』
祖父『ブー!これは頭皮!』



答えはカッパ!!
って、電車でこう言うのやめません(笑)