そこだけはぁぁぁーーー!

f:id:okey9key:20201005204047j:plain



それは、何の前触れもなく突然やって来た。

昨日の夕方。
扇風機が壊れた。
タワーファンなる、スリムなアイツだ。


厳密に言うと…機能のひとつが壊れた。
風は絶好調に吹いている。
強弱だってお手のもの。
上下だのリズムだの…なんだかそこら辺は、いまだバリバリの現役で絶好調なのである。



そう…まさかの首振り機能…


そこだけはぁぁぁーーーー!



扇風機から風と首振りを取ったら何が残るってのさ?
リモコンも本体も、ピッピコ音をならしながら、「こっちを向いて~」と話しかけてくれている。


でも、ヤツはすっかり拗ねてしまっていた。
横を向いたっきり…こっちを見ようともしてくれない…。
ウンでもなけりゃスンでもない。
ただひたすら、明後日の方向を見ながらファ~~~ンとため息をつき続けている。


あたしってば…何か悪いことしたからしら?

これと言って思い当たる節はない。


強いて言うなら、1週間ほど前にキレイに掃除をしてやった。
少々荒っぽっかったのかしら?
そんなつもりはなかったけれど…
もし、そうだったなら、その時に言って欲しかったわ。
言ってくれなきゃわからないもの…。


でも、そんなことで、拗ねるかしら?
今までだって、何度も掃除はしてやったし…。
それだっていつもと同じ。特別な何かなんてしていない…。


もう一度、リモコンに頼んでみた。
ピッピコ話しかけてくれている。

でも、ヤツは相変わらずファ~~~ンとため息をつきながら明後日の方を見ている。

本体から話しかけても…結果は同じだった。


なんなのさ。
何が気に入らないのさ?
いつまで、横を向いてるつもりなのさ?


ファ~~~ンとため息ばかりで…
なにも答えてはくれない。



ヤツの存在のデカさを改めて思い知った。
悔しいが痛感した…。



手を替え品を替え…機嫌を取ってみた。


頑固なヤツだ…。


気のせいか暑く感じてきた…。


そんなあたしのダメージなんでどこ吹く風。
エアコン彼女は我関せず。
素知らぬ顔してそよいでる…。



そう来たか…そう来るんだな…


あんた達がそう来るなら、こっちだって黙っちゃいらんないよ。あたしゃ決めたよ。
コンビ解散だ!
新しい相方を招き入れようじゃないか。
拗ねたアイツに退場を命じよう。
ただし!明日の朝までに反省して心を入れかえるのなら、こっちにも考える余地はある。



そして、今朝。


ヤツは相変わらず拗ねている。
明後日の方を向いてファ~~~ンとため息をつくばかり。



分かったよ…。
もういい…。
あんたの気持ちは…良くわかった…。

あたしだってヒトの子さ。
あんたの望みを叶えてやろうじゃないか。



午後2時。

颯爽と新しい相方がやって来た。
精悍な佇まい。ピカピカと輝くオーラ。
スカしてるけどイカしたヤローだ。


身支度を整えるなり、エアコン彼女とコンビ始動!
それはまるで…お互いに前から知っていたかの様な絶妙な呼吸…。



ヤツはピッと小さく呟き、静かにリビングを後にした…。




腹を立てたりして。すまなかったわ…。
あたしってば…大人気なかったねぇ…。
あんた。疲れたんだろう?
気付いてやれなくて…すまなかったねぇ。

今まで…ありがとねぇ。
本当に本当に良くやってくれたよ…。



ピッ。

ヤツはまた、ファ~~~~ンと大きなため息をついた。
新天地でも明後日の方向を見つめていた…。