担任から呼び出された時の話。

f:id:okey9key:20201008210530j:plain


就学時健診と連動して思い出すのは担任に呼び出された時のこと。
就学時健診とコレはセットで思い出してしまう。


okay9kay.com


小1の1学期、あと1ヶ月で夏休み!と言う6月も終わりの頃に担任からお誘いがあった。

連絡帳に「ついていけてないことが目立ってきています。一度お話しできればと思います。ご都合いかがでしょうか?」と。



だはぁ。

きたきた。

きたきたきたきたきましたよー。


ついに来た!



話はさかのぼって就学時健診。
見事に引っ掛かったコゾーさん。
その後、紆余曲折あり…紆余曲折…って言うのだろうか?


まぁ~なんつーのかな?
語彙力が乏しいもんで…
適切な言葉で表現する力がない。
残念ながらナイ。
持ち合わせていない…。



結論だけ言うと、検査は受けていない。
そして、特別な対応もしてない。

登校から下校まで同じクラスのみんなと同じ授業を受けている。
通級なんかもしていない。

良いのか?悪いのか?
正しいのか?間違ってるのか?

すら、わからない。


あたしゃ検査受ける気マンマンだったんだけどね…。
どう言うワケだか…こうなってしまった。



ただ、あの就学時健診の一件含めて
なんの根拠もないのだけれど…


呼び出されるな。


と言う確信だけはあった。
と言うか、これは予想していた。
むしろ、あたしの予想では、このタイミングだった。
就学時健診が予想外だった(笑)


なんせロックオンされている身。
その上すったもんだてそのまま入学…。

そりゃね。そうなるよね~って話でさ。


もちろん。
会いましたよ。担任に。


だよね~だよね~。
先生だってさ~、そう思うよね~
親のツラ見ときてーぜ。
って思うよね~。

そーだよね~。


なんて事を思いながらいざ出陣。


就学時健診での破壊力に比べたらね、
もうね。なんてことない。
呼ばれた理由だってわかってるしね。
だからね。幾分気持ちに余裕があった。
だけどね、完全に心穏やかってワケではなかった。


かなりヤバイかな?


って最悪の場合も覚悟してたらからね。
担任と面と向かうのも初めてだし。


でも、終始和やかで穏やかな面談だった。



担任曰く、指示通りに動くことができない。
周りの気配で気付き慌てて動き出す。
そして、間に合わない。


と言うような内容だった。


そもそも、あたしにゃ小学校1年生のレベル
ってもんがわからない。
そりゃ個人差はあるだろう。

けれど、教育のプロの目から見て「目立つ状態」と言うことは…それなりなんだろうと。


その教育のプロである担任もある部分においては、周囲の言うところの「キャラ」の洗礼を受けていた…。
判断がつかない部分がある。と。


ナゼだか申し訳なく思った…。



良くみて下さるセンセーで良かったぁ。
親のあたしも分からない時が多々あるのだ。
出会って数ヵ月の担任は尚更だろう。
まぁ、親と言っても別の人格なのだから、分からないことがあって当然なんだけど(笑)


その何だろうなぁ~。
ビミョーなポイントでその現象が起こるから困ってしまうのだ。


それで…あたしはと言うと…

やっちまったのよ。

また。やっちまった…。


その「キャラ」の説明でね…ちょっとね…
聞かせちゃった。

聞きに行った。バスなのに聞かせちゃった…。


でもねー。
言っちまったもんは仕方ねー。

アホな親子です。
ってのを伝えられたしね~(笑)

この親じゃしょがねーなー。
って思ってもらえるだろうからね(笑)
この先安泰。めでたしめでたし。
って思うことにしてる(笑)

諦めて開き直るしかないからね~(笑)
困ったもんだ(笑)



それで、担任としても、今後どう対応していくか?
学校と家庭と足並みを揃えて良い方向に持っていきたい。
と言う事だった。



おぉ~センセー。
なんてありがてー事言ってくれるんだい。
こちとら、泣けてくるぜ。
ロックオンされた甲斐があるってもんよぉ~。


すかさず、あたしゃセンセーに言った。


「先生にお任せします。」と。
「荒療治でもなんでもヤっちまってくだせー。」と。

ただ、このご時世。
のび太くんだってカツオくんだって廊下に立たなくなった今、荒療治ってなんだい?ッて話ではあるのだけど…。


だけど、親としちゃ~学校に、担任に、任せる以外何が出来る?ッて話で。



あたしゃ、学校ってのはサバイバル教室だと思っていて…。
人生をサバイバルするために必要な力を養うところ。

学区で振り分けられる公立の学校ってのは、社会の縮図で子供の社会。
いちいち親がどうのこうの口出しするのはヤボってもんだぜ。

基本のスタンスがそんな感じなもんなんで…

それに、命に関わることじゃない。
集団行動力を鍛える方法についてがメインテーマ。

みんなと同じにやってりゃ、自然と気を付けなきゃ!ってポイントが浮かび上がってくるだろうさ。
あたしひとりで、どんなに一生懸命、血眼になって探したって見つけられるもんじゃなし。

自然と浮かび上がってくれりゃ、こっちの手間も省けるってもんだぜ(笑)
なんてったってガッツリそこが、マサにピンポイントなんだからさぁ(笑)って。


だから、あたしゃ
「センセーにお任せします。」
「家庭でこうして欲しい」とかがあれば何なりとって。


何でもかんでも学校やら先生やらに丸投げしてんじゃないぜ。
ここぞ!って時にはかーちゃんガツガツ行くから安心しなッ!
と、ナゼか心の中で意味不明に気炎を上げていた(笑)


すまんのぉ~。コゾーさんよぉ~。
また、ヤラかしちまったしよぉ~(笑)



だけど、かーちゃんは反省したんだよ。
その頃は、かーちゃんも小学生かーちゃん1年生。
わかんないことだらけな上に、タイミング悪しで絶好調に仕事に追い立てられてて…
余裕ってもんがどこをどう探しても1ミリもなかった…。


小学生になれば楽になる。

そりゃ、送り迎えからの解放ってだけでさ。

なのに、そう思い込みすぎていたね~。


ハイそうですか。

とすべてが急に変わる訳じゃないのにさ。

誕生日で年齢がひとつ増える。
だけど、昨日と今日で、何がそんなに変わるんだい?
って話と同じなのにね(笑)



全く困ったかーちゃんだ(笑)

コゾーさんよぉ~。
オヌシも大変よのぉ~。

こんなかーちゃんで(笑)